« 啓蟄 | トップページ | 入学 »

2009年4月 3日 (金)

探梅

2009.3.30付 朝日俳壇より
あつけなく梅のたくさん咲いてをり:(渋川市)山本素竹
 稲畑汀子 評:探梅という季題がある。早々と咲きはじめる梅を探すのであるが、気がつくと梅は一斉にほころんでいた。あっけなくとは気負った作者の心情の推移が想像される。

探梅というのは季語としては冬ですね。
あらまぁ、もうこんなに咲いちゃって。ということでしょう。
サクラはずいぶん前から大騒ぎしながら、まだか、咲いた、散った、と。
でも、梅は、いつのまにか、あっさりと、「満開ですよ」と笑っているようですね。

« 啓蟄 | トップページ | 入学 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 啓蟄 | トップページ | 入学 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ