« 阿修羅:追記 | トップページ | えらそう »

2009年4月27日 (月)

まんさく

2009.4.20付 朝日歌壇より
まんさくの黄色よじれて咲きにけり器用不器用紙一重にて:(熊谷市)内野修

0411benibanatokiwamansaku3
私の家の近所では、ベニバナトキワマンサクしか見かけないもので、これを入れておきます。

よじれて、よじれて、もう一回よじれると、元に戻るとか、それはないか。
でも、よじれるも、まっすぐも、そう大した差ではないのです。私の場合、人生の出だしで、かなりよじれました。で、よじれっぱなし、かな。

器用といい、不器用といい、そう大した差ではないのです。
人間関係をズタズタに切り捨てて、昇進とか昇格とか、一切無縁に仕事人生を終えて、不器用な生き方をした、とも思いますが、実にすっきりした生き方であった、と内心では愉しんでおります。

紙一重。紙には裏と表がありますが、実は紙は一枚=同じものにしかすぎないのです。

大差ない、たいさない、タイサナイ。

« 阿修羅:追記 | トップページ | えらそう »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 阿修羅:追記 | トップページ | えらそう »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ