« 長寿 | トップページ | 火葬 »

2009年4月 1日 (水)

給付

2009.3.30付 朝日歌壇より
使い捨てカイロの如き給付金受け身捨つる程の祖国を持たず:(長野市)平沢均美
 高野公彦 評:寺山修司の「マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや」を踏まえた、給付金批判の歌。

私の住む自治体では「給付金」の話はまだ来ませんが、この歌、「給付」といっていますが、「定額給付金」の批判なのかな?年金の給付とか、他の「給付」の可能性は?

私は受けとって、福祉に寄付するつもりです。

これまでも、ユニセフとか、国境なき医師団とかに、時々(お金持ちでは全然ないので)少額を寄付してきました。

幼い命が少しでもすくわれますように。

« 長寿 | トップページ | 火葬 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長寿 | トップページ | 火葬 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ