« ちーたん | トップページ | 利息 »

2009年4月15日 (水)

まんぼう

2009.4.12付 朝日歌壇より
円き口閉じることなきマンボウの動かぬ眼の奥の憂鬱:(沼津市)森田小夜子

千葉のシーワールドで昔、飼育下のマンボウをみました。運動性の低い大型の動物が、どうして生き残れるのか、不思議です。産卵数も億単位でしたね、その中で成魚になれるのは2~3匹でしょう。
なんだか、種が持続していることが奇跡的であるような魚ですね。

七階のベランダに立ち見えぬ糸ひきて三羽の鳶を操る:(沼津市)森田小夜子

この想像力が楽しい。トンビが大空をくるりくるりと飛んでいるわけですよね。で、ベランダから、糸で操っている気分。想像力を刺激する映像的な歌ですね、こういうの好きだな。

« ちーたん | トップページ | 利息 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ