« 子午線の町 | トップページ | ドクター »

2009年4月27日 (月)

沈む

2009.4.20付 朝日歌壇より
満開の桜と人にふくらみて少し沈むか春の江の島:(越谷市)黒田佑花
 馬場あき子 評:桜の開花は毎年ながら人の心を騒がせる。江の島の象(かたち)さえ桜の明るさと人出にかすれる。その表現としての「沈む」が巧みだ。

私はもう少し即物的にとらえました。
桜と人で埋まった江の島。まるで、その重みで少し沈むのではないか?と。

小さな島に大量の人出、心もですが、花見もその商売も「さわがしい」ことです。島は内緒でちょっと沈んでみせてるかもね。

« 子午線の町 | トップページ | ドクター »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子午線の町 | トップページ | ドクター »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ