« 熨斗袋 | トップページ | {黙して} »

2009年4月 2日 (木)

心臓マッサージ

2009.3.30付 朝日歌壇より
こうやって助けたかった君のこと心臓マッサージする人形の胸:(山形市)渋間悦子

「助けたかった君」とは誰なんだろう?と気にかかります。親友、恋人、夫、子・・・。
過去形で語られています。そのような事態に悔いを残されたのでしょうね。辛いことです。

ところで、救急法の講習を受けていなくても、心臓マッサージはそれなりにできますし、しないよりはしたほうがいい。
心臓は「左」なんて思いこまないでくださいね。肋骨が合わさる胸骨の上を押すのです。
相手が大人なら胸骨の上に両の掌を重ねて置き、大人の体重をかけてグンと押しこんでいいですよ。幼い子だと少し手加減が要りますが。
1分で何回、とか、あまり気にせず、どんどんやってください。叩く、ではだめです。胸がへこむくらいに押し込んでください。
人工呼吸は、複数の人で対処している時ならやれればやったほうがいいけれど、それより心臓マッサージをしてください。胸郭を押していますから、ある程度の息の出入りはあるんです。

最初の何分かの手当てが、あとの救命率をグンと上げます。
ためらわず、勇気を持って実行してください。

« 熨斗袋 | トップページ | {黙して} »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 熨斗袋 | トップページ | {黙して} »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ