« 三人で | トップページ | 弱くない »

2009年4月24日 (金)

境界線の上で

2009.4.20付 朝日歌壇より
私たちのための夜なり木屋町へ卒業式を終えて繰り出す:(京都市)敷田八千代

上の歌は学生時代の終わり。下の歌は社会人の始まり。ちょうど、その境目の上で詠まれた歌、二首です。

明日からは社会人となる君がいてネクタイを選ぶ私がいて:(京都市)敷田八千代
 馬場あき子 評:この春卒業して社会人の意識をもった、その最初の新鮮な場面として、恋人にネクタイをプレゼントする作者が初々しい。

そういうネクタイをした彼としてはね、傍から見て誰も分かるわけじゃないとは分かっていても、なんだかね、こそばゆいような、面映ゆいような、首のあたりにどうしても意識が行ってしまうものなんですね。
私だって、そのくらいの経験はある。っ。

« 三人で | トップページ | 弱くない »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三人で | トップページ | 弱くない »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ