« 内裏雛 | トップページ | 五感 »

2009年3月30日 (月)

踏青

2009.3.23付 朝日俳壇より
踏青の熟女結託して笑ふ:(愛知県)稲垣長
 金子兜太 評:熟女・結託などと際どい語感をぶつけて、春の野に遊ぶ気分を逆撫でする。これも俳句の現代。

とう‐せい【踏青】春、青草をふんで野山を散歩すること。青きを踏む。<季語:春>[広辞苑第五版]

「踏青」という言葉に馴染みがなくて、なんだか、畑で麦踏でもしているような光景が先に浮かんでしまいました。違うよなぁ、と調べて分かりました。

ようするに、にぎやかなんですよ。
にぎやかな集団といえば、保育園児たちのお散歩、女子高生の傍若無人なおしゃべり、おばさんたちのやっぱり騒々しいおしゃべり・・・相場はこんなところでしょ。

熟女は「おばさん」だし、結託は「集団おしゃべり」で、さして「際どい語感」とは思いません。

おばさんがにぎやかに行くお散歩隊<崩彦>

女性読者の皆様、怒らないでください。
決して勝ち目のない爺さんのぼやきですから。

2009.3.23付 朝日俳壇より
百歳へ兜太とともに青き踏む:(横浜市)小林すえお

 さて、作者はそれなりに年齢を重ねた方と拝察しますが、金子氏と並んで野山を散歩なさっても、やっぱり、おばさんやおばあさんたちの華やかさにはかないませんね。

女性の集団のおしゃべりが聞こえてきて、ああ、それはこうなんだけどなぁ、と教えてあげたかったり、誤解を解いてあげたかったりしても、男一人じゃ立ち向かえませんね。なんだろ、このおじさん、という眼差しが一斉に飛んできたらとても受け止められません(少なくとも私は)。
これが「結託」ということでしょう。

« 内裏雛 | トップページ | 五感 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 内裏雛 | トップページ | 五感 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ