« 耳鳴り | トップページ | 妻に合わす »

2009年3月12日 (木)

雨水

2009.3.9付 朝日俳壇より
癌除去の友の機嫌も雨水なる:(高岡市)野尻徹治
 金子兜太 評:友は春到来の気分さながらの明るさ。「雨水」の頃にぴたり。

誰でも冬は気持ちが籠る。私はかなりはっきりした季節性の鬱ですが、そうでなくても冬は体も縮こまり、肩に力を入れて、寒さに耐えている。

暖かくなってくると、体も心も「ほどけて」きますよね。籠っていても何も始まりはしない、と心が開き始めたのではないでしょうか。

雨水とは「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」だそうです。

心がONになりましたね!よかった。

« 耳鳴り | トップページ | 妻に合わす »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 耳鳴り | トップページ | 妻に合わす »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ