« ♂ | トップページ | ことば »

2009年3月28日 (土)

何気ない一言

2009.3.23付 朝日歌壇より  {高野公彦、永田和宏 選}
何気ない一言だったりするのです心の芯に位置する言葉:(広島市)大堂洋子

いえ、特別な構えをもった一言なんていうのものは、たいていの場合「うさんくさい」ものです。
心の芯に食いこんで、折に触れ繰り返し聞こえてくる、場合によっては「音声」として心にプレイバックされる、そういう言葉に何気なく出会ってしまうものなのです。

言葉を商売道具にして生きてきました。言葉の芸術ではありません。言葉を伝達の道具として使う、教師という職業です。
私の言葉が、いったいどういう波紋を生徒の中に生じさせたのか、思えば恐ろしいことです。

およそ深い泉の体験は、徐々に成熟する。
何がおのれの深い底に落ちてきたかがわかるまでには、
深い泉は長いあいだ待たねばならぬ。
(泉に)石を投げ込むことはやさしい。
しかし石が底まで沈んだとき、だれがそれを取り出すことができようか。
                             ニーチェ「ツァラトゥストラ」(手塚富雄訳、中公文庫)

底の浅い水はすぐに波立ちます。深い水は静けさをたたえたままです。

言葉を発し、言葉を受け取る。「縁」でもありますでしょう。

« ♂ | トップページ | ことば »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ♂ | トップページ | ことば »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ