« かげろふ | トップページ | 踏青 »

2009年3月30日 (月)

内裏雛

2009.3.23付 朝日俳壇より
音もなく夫婦の部屋の内裏雛:(福岡市)田上悌三
 金子兜太 評:内裏雛だけに隠微な味わいふかし。

わたし、高校生のころかなぁ、色気づいて、艶笑川柳などというものを見つけました。古本屋で川柳の本を買い込んだのだったと思いますが。

「俳風末摘花」でしたか
大リ雛寝床へ落ちる新所帯

解説なんて野暮なことはしません。高校生でもわかるんですから。
で、このあたりを踏んだ句なのかなぁ、と想像をたくましくしてしまいました。

« かげろふ | トップページ | 踏青 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« かげろふ | トップページ | 踏青 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ