« 踏絵 | トップページ | ガザ »

2009年3月 5日 (木)

桜貝

2009.3.2付 朝日俳壇より
桜貝踏まれて美しき砂に:(神奈川県)中島さやか

思い出話をするだけです。
中学2年の臨海学校が沼津市の戸田(へだ)でした。
波打ち際からすぐ深くなる海で、私には泳ぎやすい海でした。

大学に入って、戸田に寮があったので、友人と遊びに行きました。
中学生のときには気づかなかった、戸田の砂浜をじっくり見ました。
小さな貝殻がいっぱいそのまま、砂の中にあるというか、砂浜が貝殻でできいるというか、そうい浜でした。

踏まれて砕けて美しい砂になるのではなく、貝殻がそのまま砂浜を作っていました。

美しい砂でした。

« 踏絵 | トップページ | ガザ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 踏絵 | トップページ | ガザ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ