« 梅の木学問 | トップページ | ミモザ »

2009年3月 2日 (月)

雨のしずく

0220kaededrop水滴の姿を2枚お目にかけます。

最初は、カエデの枝についた雨滴。
フラッシュを反射しているはずなんですが、水滴の手前の面と向こう側の面は分かるとして、横にも、こちらへ光を返す角度の面があるようですね。
意外でした。
0220roddrop 青いカバーをかけた物干しざおからぶら下がった雨滴です。

ふしぎな像になりました。青い竿の色が縁取りになり、向こう側の縦じま模様が倒立実像として写っています。
この上の竿の色が水滴内の像の縁取りになってしまうのが、不思議です。これも実像の一種なんだとは思います。

妙なものを見つけました。

« 梅の木学問 | トップページ | ミモザ »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅の木学問 | トップページ | ミモザ »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ