« 落葉焚き | トップページ | 流鏑馬 »

2009年3月12日 (木)

黄塵

2009.3.9付 朝日俳壇より
黄塵の昨日を洗ひくれし雨:(大分市)佐藤富士男
 稲畑汀子 評:春の偏西風に乗って日本に運ばれてくる中国黄土の砂は、毎年春になると難儀する。しかし自然は有難い。雨が降って黄塵を洗い流してくれたのだ。

そういう時の雨は、できればかなりの大雨であってほしいですよね。半端な雨に降られると、ひどいことになる。かえって泥をひっかけられたような状態になる。
車の汚れで、そういうことは経験しますね。
降るならいっぱい降ってくれぇ。

« 落葉焚き | トップページ | 流鏑馬 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 落葉焚き | トップページ | 流鏑馬 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ