« 白リン弾 | トップページ | ガ »

2009年3月 6日 (金)

オタマジャクシ

0305otama1
3月5日。
ヒキガエルの胚に変化が出ました。
ゼリー状のひもから出てきました。密度の関係でしょう、全員「立って」います。
0305otama2
肉眼ではあまりよく判らなかったのですが、まだ卵膜の中にいます。

エラの部分が膨らんで、かわいい姿です。

まだ尻尾がないですね。

すごい勢いで変化が続きます。

3月6日。雨です。ふと見たら、また変わりました。
0306otama1
昨日はみんな立ってましたが、今日はバラバラ。

もう、卵膜を破って「孵化」したようです。
水槽の底にくっついています。
出てきたとたんに「腹減った」と言っているようです。
尻尾がぴょこぴょこ伸びてますね。たった1日でこんなに変化してしまいました。
0306otama2
光が不足で、鮮明な写真にはなりませんでしたが、可能な限り近づいてみました。

背骨の部分が盛り上がって頭から尾まで通っているのが見えます。

もう少しで、オタマジャクシ形になりますよ。

カナダ藻を入れてやりました。たぶん、舐めてもりもり食べるでしょう。

ところで、オタマジャクシというのは実は雑食性でして、苔や藻があればそれを食べていますが、動物の死骸などがあると、肉を食べてしまいます。きれいに骨を残して。
ですから、ネズミの死骸などを入れてやると、骨格標本が出来上がります。
また、仲間同士でも、死んでしまったものの肉は食べてしまいますから、いつの間にか数が減っているということはあります。
ただ、生きて泳いでいる仲間やメダカを食べることはないはずです。

結構貪欲なものなのです。

« 白リン弾 | トップページ | ガ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白リン弾 | トップページ | ガ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ