« 計画外 | トップページ | 日本語 »

2009年3月27日 (金)

手握る

2009.3.23付 朝日歌壇より
手袋の季節を越えて素のままの君の手握る初めての春:(稲城市)涌波努
 高野公彦 評:彼女の手に初めて直接触る喜び。初々しい恋の歌だ。

まあね。男なんて変わらないものですよ。
大学の教養学部時代にとった古典で、風土記を楽しく読みました。正確な記述は忘れましたけど、こんな内容の歌がありましたね。
  山道が険しいからと(口実にして)あの娘の手を握ったよ・・・
というのです。なんとまぁ、昔の男もおんなじなんだ、とある種の感動さえ覚えたものです。

高校時代、文化祭の後夜祭のフォークダンスは、女子高生の手を公然と握れるのがうれしかったですね。
こっちはもう、手も洗いたくないような気分でいるのに、さっさと手を洗わなくっちゃ、などと言われて愕然としたり、ね。

いや、初々しい。成就しますように。

« 計画外 | トップページ | 日本語 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 計画外 | トップページ | 日本語 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ