« 五感 | トップページ | 二太郎 »

2009年3月30日 (月)

春眠

2009.3.23付 朝日俳壇より
春眠や猫つついても抱いても:(御殿場市)佐藤澄美代
 長谷川櫂 評:猫も春は眠たいもの。何をされても目を覚まさない、猫という春眠のかたまり。

春は「春眠暁を覚えず」といいますから、眠いですねぇ。
夏はほら、昼間の暑さに疲れ果て、ぐっすりと、眠いですねぇ。
秋は、「灯火親しむの候」ですから、本を開いていると、すぐウトウト。眠いですねぇ。
 おまけに、涼しくなってきたら夏の疲れがどっとでて、眠いですねぇ。
 布団をかけても蹴飛ばさずにすむし、快適で、眠いですねぇ。
冬は、布団でミノムシ。ぬくぬくと、眠いですねぇ。

年がら年中、猫と一緒に、眠いですねぇ。

« 五感 | トップページ | 二太郎 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 五感 | トップページ | 二太郎 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ