« センリョウ | トップページ | べぇチャン »

2009年3月 9日 (月)

スギゴケ

0228sugigokeスギゴケの胞子嚢が立ちあがってきました。

実は去年もスギゴケの胞子嚢の写真を撮ってはいたのです。
コレ↓
080401sugigoke 2008.4.1付の写真です。

このあと、4月の末まで、この胞子嚢の先端が開いて胞子が出て・・・という写真を撮ろうと思って追いかけていましたが。

余り変化もなく過ごしているうちに、キセルガイの飼育に入り、そのときに、このスギゴケの部分をはがしてキセルガイにあげてしまったので、それっきりになりました。(キセルガイは子を産みずいぶん増えましたよ。)

0307sugigoke
この写真で、立ちあがった胞子嚢の下の緑色に茂った部分が、ふつうにスギゴケといっている苔の部分です。

ここは「配偶体」といって、遺伝情報を1セットしか持っていません(nといいます)。
配偶体には雌性配偶体と雄性配偶体があって、雌性配偶体は造卵器をつくってその中にnの卵を作ります。雄性配偶体は造精器をつくってnの精子を出します。
精子と卵が受精すると、2nの受精卵ができ、その受精卵から胞子嚢が立ちあがってくるのです。
ですから、下の緑色の部分はn、立ちあがっている部分は2n、と遺伝子構成が異なっているのですね。
胞子嚢の先端の中に胞子母細胞(2n)があって、減数分裂をして胞子(n)を作ります。
で、この膨らんだ部分の先端が開いて、胞子がまかれて、発芽して、配偶体へ、という世代交代がぐるぐる回るのです。

で、その胞子をまくところ、あるいは、まいた後の写真が撮りたかったのですが、去年はなんだか、うまくいきませんでした。今年はどうなるか、分かりませんが、しばらく様子を見続けることにしましょう。

« センリョウ | トップページ | べぇチャン »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« センリョウ | トップページ | べぇチャン »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ