« 崖攀じる | トップページ | 兜虫色した弦楽器 »

2009年3月11日 (水)

山の湯

2009.3.9付 朝日歌壇より
山の湯に猿も浸かりて空を見る人にあらざる深き目の色:(徳島市)上田由美子
 馬場あき子 評:近年映像などでよく紹介されて親しみを覚えるが「人にあらざる深き目の色」に邪念のない恍惚感がある。

冬場のトピックスなどテレビで見ていると、最近はあちこちで猿が温泉につかったりするようですね。出た後寒くないのかねぇ、と心配してしまいますが。

猿を見ていると、まるで鏡をつきつけられたようで、笑ったり、めげたり、情けなくなったり・・・。
結局、ヒトはサルなんだなぁ、と。つくづく。

◆今朝、3月11日の朝刊にまた、面白い話が載っていました。

2009年03月11日(水)付    朝日新聞
     カニクイザルの母親が、人の髪の毛を使って歯を掃除し、大げさなしぐさで子ザルに教えているようだ――。こんなサルの行動の撮影に、京都大霊長類研究所の正高信男教授らが成功した。親が子に道具の使い方を教えているとすれば、動物では初めての確認になるという。10日付米科学誌プロスワンに発表した。(長崎緑子)
 正高さんらは08年、タイの寺院にすむ野生カニクイザルの群れを調べた。
 この群れのサルは、女性の長い髪の毛を拾うと、両端をもって口に入れては引き抜く動作を繰り返す。「デンタルフロス」のように使い、歯の間にはさまった食物を除き、掃除をしているとみられる。約10年前に見つかったこの群れ独特の行動だ。
 1歳程度の子をもつ母ザル7匹に髪を与えて観察すると、子ザルの前では、大げさな動作で歯を掃除することがわかった。
 子ザルがいる時といない時に各50回、ビデオ撮影をすると、子ザルが前にいると目を合わせながら、毛をカチカチと平均6回かみ、掃除1回あたり3秒かけた。
 一方、子ザルがいないと、3回しかかまず、1秒で終えた。
 チンパンジーなど道具を使う動物はいるが、子供は、見よう見まねで自発的に学習すると考えられ、親が教える行動は観察されないという。

毎日新聞では

親ザルは、女性観光客らの肩に飛び乗って引き抜いた髪の両端を持ち、口に入れて歯をかみ合わせて、歯の間の食べかすを取る。

となっていて、単に拾った髪の毛ではないといっています。

読売新聞では

 野生動物が子どもへの教育行動を行う例は、チンパンジーが石で木の実を割ってみせるケースが知られているが、ほかにはほとんど例がなく、正高教授は「子ザルが早期に歯磨きできるようになるかも調べたい」としている。
 元京大霊長類研究所長の杉山幸丸・ギニア高等教育科学研究省招聘(しょうへい)教授(霊長類生態学)の話「母ザルは何度もしぐさを見せており、子どもに教育効果があるのは間違いないだろう」

というコメントも付いていました。

写真がまた面白いんですよ~。

ところで、カニクイザルが生殖年齢に達するのは何歳くらいなんでしょうね?
10年くらい前から歯を掃除する行動が確認されていたとあります。
この行動を獲得した時期と、この行動を教えるようになった時期の関係が知りたいですね。
今、子ザルに教えている母ザルは、「教える行動」の初代なのか、もう、何代も続いているのか。どうなのかなぁ。知りたい。

しっかしまぁ、自分たちが子どもに歯磨きを教えた頃を思い出して、笑ってしまいましたね。

« 崖攀じる | トップページ | 兜虫色した弦楽器 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 崖攀じる | トップページ | 兜虫色した弦楽器 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ