« 白猫 | トップページ | 黄塵 »

2009年3月12日 (木)

落葉焚き

2009.3.9付 朝日俳壇より
落葉焚き風は気紛れ髪焦がす:(西海市)前田一草

尻あぶりでもしてたんでしょうね。突然風下になってしまって髪が焦げた。
顔をあぶられたということはないですよね。髪より、眉毛が焦げた、という感じになるでしょう。
服は焦げませんでしたか?お気をつけ遊ばせ。

手の甲の産毛はよく焦がします。火を扱っていると、すぐ手の甲は毛がなくなる。
(化学教師やっていると、ガスバーナーも使いますが、薬品もいろいろ使うので、指紋まで薄らいだりするんですよ。職員室で盗難事件があって、自主的に指紋採取してもらった時に、警察の鑑識の人が「化学の先生は指紋の薄い人が多い」といってました。フト別件、思い出話。)

« 白猫 | トップページ | 黄塵 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白猫 | トップページ | 黄塵 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ