« 都電 | トップページ | ガザ »

2009年2月10日 (火)

猫が呼ぶ

2009.2.8付 朝日歌壇より
魚焦げる鍋吹きこぼれるチャイム鳴る二匹の猫と病妻が呼ぶ:(さいたま市)石塚義夫
 永田和宏 評:病気の妻に代わっての家事労働。てんてこ舞いの様子がほほ笑ましい。妻はこんなに忙しかったのかとの思いも。

笑いを含んだ歌ですから、おそらく、突然の発熱か何かで寝込まれてしまったけれど、重い病気ではないと想像します。
猫が不満を発して、私は不満だぁ~、と鳴くと、結構迫力ありますよね。
タイミングの悪い時に限って、チャイムが鳴り、電話が鳴るんです、必ず。

やかんに湯を沸かしながら、自分の朝食を準備していたら、沸騰が始まり湯気がもうもう。
妻「お湯沸いてるわよ」
私「知らんのか。お湯というものは煮込めば煮込むほどうまくなるんだ!」

« 都電 | トップページ | ガザ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ