« 亀 | トップページ | 氷河(しが) »

2009年2月18日 (水)

注連縄

2009.2.16付 朝日歌壇より
歳末のスーパーに来て吾が業の霊柩車にも注連縄を買う:(八戸市)山村陽一
{馬場あき子、永田和宏 選}

私もねぇ、子らが小さいときは、生活の中のいろいろな年中行事を経験させたいと、車や自転車にも小さな注連縄をつけましたっけ。

でも、車の前につけるやつは、どうも、エンジンルームに吸い込まれそうで、嫌な感じがしていたので、比較的早めにやめてしまいました。

最近は、正月を特別な過ごし方を「したくない」という気持ちの方が強くなってきて、ほとんど正月らしいことをしなくなりました。
人が勝手に作った区切りで騒ぐのはいやだ、どうということもなく、ただ普通に過ごしていきたいという気持ちの方が強いのです。(へそ曲がりですねぇ。)

葬儀にかかわるお仕事は、絶対必要なお仕事であるにもかかわらず、よく知られていないお仕事でもあります。お仕事はすべて「儀式」ですから、こういう正月儀式も大切ですね。ふと、心理的な盲点を突かれました。


« 亀 | トップページ | 氷河(しが) »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ