« トクサ | トップページ | ひな人形 »

2009年2月23日 (月)

カエルの卵

昨日、2大事件。
:ウグイスの鳴き声を聞きました。
 何年か前まで、この季節にウグイスの声を聞くことはありました。好事家が飼っているのかなぁ、でも、変だなぁ、などと思いながら、聞いていました。
 この2、3年、聞かなかったように思います。それが、昨2/22の昼ごろ、声を聞きました。ベランダに出てみると、どう見ても、家のそばの木の茂みの方向から聞こえてきます。この方向には人家はありません。耳が音源の方向を聞き分ける正確さというものはかなりのものですから、間違っていないと思います。笹鳴きというほどおさないなきかたではありませんでした。はっきりとほーほけきょとやっていましたが、少しだけ不安定さをはらんでいて、成熟した鳴き声ともいえない声でした。
 これから、どうなるのか、写真は撮れるのか、わかりません。何かあったらまたお知らせします。

:庭の池にカエルが産卵しました。
0222tamago
日曜日でのんびりしていた娘が、ウグイスの写真は撮れないか、と家の周りを歩いていましたが、だめで、ついでに庭など眺めていたら、自分が掘った「池」にカエルの卵を見つけました。

昨年の3月まで、3年間、友人の小学生の息子さんU君を相手に「理科おじさん」をやっておりました。その内容は、下のホームページにあります。
http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/index.htm

U君は生き物好きですので、いっぱい楽しんでもらいました。その一つに、カエルの飼育もありまして、六郷用水跡の水路から、オタマジャクシをすくってきて、カエルになるまで飼育したこともあるのです。そのとき、かなりの数のカエルたちが水槽から脱出しましたし、最終的に残ったカエルも庭に放してやりました。

http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/50th/sci_50.htm 

http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/54th/sci_54.htm

http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/74th/sci_74.htm

上に、写真があります。

さて、この小さな池からオオシオカラトンボやら、クロスジギンヤンマやらが羽化し、「トンボ池」になっていますが、さらに今年は「カエル池」にもなったようです。

ヒキガエルの成体は水を特に必要としていませんので、どこか、我が家の周辺で落葉などの多いところで、生活しているのでしょう。それが、産卵の季節になって、近くの池といえばこの池ですから、産卵にやってきてくれたのでしょう。オスが待ち受けていて、やってきたメスをつかまえて産卵・放精を行うのだと思います。

やたらと一杯ですので、少しすくい取って、水槽に移しました。
0222tamago2
これです。

久しぶりに見ます。こんなにいっぱいの卵。

0222tamago3
見事に真ん丸ですね。

これからどうなっていくのか、楽しみに観察を続けます。

« トクサ | トップページ | ひな人形 »

動物」カテゴリの記事

コメント

もうウグイスが鳴いたのですか!我が家の裏山にも毎年来てくれます。平均すると3月1日前後になりますね。でも姿は一度も見たことがないので、ぜひ先生の写真で拝見したいです(^^;
アリはこちらでは全く見てないですし、ウグイスやヨコバイなど東京はやはり暖かいのでしょうか。

カエルの卵も懐かしいです。ここ何年か見ていません。子供の頃、近くの神社の池にたくさん産んでありました。子供の頃は気持ち悪かったです(笑)。鬱蒼とした神社の池は白いヘビが泳いでいたり、ちょっと神秘的でした。
カエルになるまでが楽しみですね。写真お待ちしています(^^;

 ウグイスの写真は多分無理だと思っていますが、これから何が登場してくるかは全く分かりません。お楽しみに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トクサ | トップページ | ひな人形 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ