« 節分 | トップページ | 受験番号 »

2009年2月 4日 (水)

声降る

2009.2.2付 朝日歌壇より
亡きひとのこえふる水に木に土に ゆきひらとなりはなびらとなり:(福島市)美原凍子
 高野公彦 評:亡き人を恋う、悲しくて美しい歌。

視覚的な歌です。絵のようです。遠くから眺めても美しく、ズームアップして視界いっぱいが、白く舞うもので埋め尽くされても美しい。

それは、声の降る姿です。

« 節分 | トップページ | 受験番号 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ