« 鬼は外 | トップページ | クサカゲロウ »

2009年2月 3日 (火)

ひなたぼこ

2009.2.2付 朝日歌壇・俳壇より
障子戸に冬木の影の淡ければま白き猫は半眼のまま:(福島市)美原凍子
0203cat1
日向ぼこ時には犬に吠えてみる:(町田市)服部じゅん
 金子兜太 評:楽し。

犬の方がいい迷惑ですねぇ。

捨てられてある如猫の日向ぼこ:(川口市)牧野文子
 長谷川櫂 評:放り出されたように長々と横になる猫。「捨てられてある」ことの自由さ。
0203cat2
上の句の、猫を「かかし」に置き換えて読んでみてください。
我が冬の日々、の姿そのものです。

冬の案山子なんて、昼行燈どころじゃない。用もなし。

詩一つ生まれて日向ぼこを立つ:(飯塚市)千代田景石
 さて、ぬくぬくぬくもっていたら、一句生まれたのですね。日向ぼっこですから、ウム、とか唸ってノートと鉛筆をとりに行くのも、さして、敷居の高いことではない。

ところが・・・
暖かき寝床の一句忘れけり:(北九州市)園昭一
 長谷川櫂 評:朝、布団の中で夢うつつのうちに生まれた一句。書きとめる間もなく忘れてしまった。さらりと詠んでいる。

布団の中となると、話が違う。布団に埋もれてぬくもっているときに、夢と現のはざまで、句が生まれた。でも、布団から出て、書きとめるのはおっくうだなぁ。
 忘れないようにしよう、こうなってこうなってああなって。一生懸命記憶に刻み込んだはずなのに。起きてみると、「句がない」。句をひねったこと自体は覚えているのに、句の中身が出てこない。忘れてしまった句ほど、すばらしい。ああ惜しいことをした。という感覚は覚えがあります。

« 鬼は外 | トップページ | クサカゲロウ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ