« 立ちこぎ | トップページ | 立ちあがる »

2009年2月24日 (火)

冬青

2009.2.23付 朝日歌壇より
雪降れば色鮮やかになる不思議山茶花の赤冬青(そよご)の赤き実:(小松市)沢野唯志

ルビがあったのでかろうじて読めましたが、知りませんでした。そういう木があることを。

そよご【冬青】モチノキ科の常緑低木。高さ約3メートル。雌雄異株、時に同株。葉は厚く、光沢がある。春、葉腋に白色で筒形4弁の小花を開き、紅色・球形の核果を結ぶ。材は器具に用い、葉を褐色の染料とする。樹皮から鳥黐(トリモチ)を採る。フクラシバ。ソヨギ。[広辞苑第五版]

ネットで検索すると、ありました、確かに赤い実です。

「山茶花」は、通常「サザンカ」と読んでいますが、もとは「さんさくゎ=さんざか」から転じたものだそうですから、「さんざか」と読んでもいいわけです。

沢野さんがどちらの読みを指定したかは分かりません。短歌という詩の世界のことですから、サンザカと読んでもよさそうですね。声を出して読んだ時のリズムが狂うわけでもなし。

詩とは誤解の文学だ。
また言っちゃった。


« 立ちこぎ | トップページ | 立ちあがる »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 立ちこぎ | トップページ | 立ちあがる »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ