« 雀 | トップページ | 年の豆 »

2009年2月26日 (木)

冬将軍

2009.2.23付 朝日俳壇より
あな嬉し冬将軍のお立ちかな:(松山市)亀田イチヱ
 長谷川櫂 評:冬将軍とはいえ、この世の客であるから、滞在中は我慢しているが、お立ちとなれば正直、うれしい。立春のよろこび。

冬将軍が陣を張る、となれば、厳しさが張り詰めて、体が硬くなりますが、冬将軍がおられなくなると、あたりは緩み、なごやかになります。

カーテンを翻しあゝ春が来た:(福岡市)田上悌三

翻るカーテン、厚く堅いコートから解き放たれた女性のスカートが翻るというイメージを持ちました。明るい色、軽やかな服装。春はやはり女性のイメージですよね。

くすんだ、いかつい冬将軍は去りゆきます。のびのびとしなやかな春の女神を謳歌しましょう。
(ちなみに、ギフチョウのことを春の女神ともいいます。)

« 雀 | トップページ | 年の豆 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雀 | トップページ | 年の豆 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ