« センチニクバエ | トップページ | 反抗期 »

2009年2月19日 (木)

世界よ凍れ

2009.2.16付 朝日歌壇より
夜明けなど来なくてもいい薄明の美しさのまま世界よ凍れ:(岩手県)田浦将

ファウストの「時よ止まれ!」を思い起こさせます。
一応、ファウストは全部読み通したつもりですが、あまりの「息の長さ」に、こちらは息切れしました。あの、持続力って何なんだろう?

ファウストの「時」は、人間的なものだったと記憶します。私のカテゴリー分類では「人事」に属するものだったと思います。
上掲の歌は、むしろ「自然」に属するものですね。
私は薄暮から夜に至る時間帯が大好きで、母の実家のある、秋田県の八森の海岸で、沈みゆく夕陽を眺めることが至福の時間でした。海は西に開いていましたから、たっぷり楽しめました。
東の方は、白神山地の迫りくる高まりでしたので、薄明の方はさほどダイナミックじゃないんですね。
でも、「凍れ」「止まれ」とは思いませんでした。うつりゆくその変化こそが美しいと思っていました。

悪魔に魂を売り渡してもよいほどの、凍りつかせたいほどの美しい時、は想像を絶します。すべてはうつろいゆく。この宇宙さえもうつろいゆく。その事実に圧倒されます。


« センチニクバエ | トップページ | 反抗期 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« センチニクバエ | トップページ | 反抗期 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ