« クモの子 | トップページ | ガガガンボの仲間 »

2009年2月16日 (月)

クモの子(さらに)

0212kumo1きれいでしょ。
薄緑色の頭胸部。半透明な脚。ビヨウヤナギの葉の上です。
これ、なんだろうなぁ。
0212kumo2
アシナガグモの仲間かなぁ。
ヒメグモの仲間かなぁ。

わかりません。
頭は半透明な緑色ですから、眼が目立ちます。眼という器官は、光を吸収します。当たり前ですね。吸収した光から情報を得ているのですから。
で、入っていった光が返ってこないとき、私たちはそれを「黒い」というのです。
ですから、動物の目は必ず黒いのです。

(透明な体のカクレエビも目は黒い。透明人間がもし存在したとして、彼が光で物を見るのなら体は透明でも必ず目は黒いのです。原理的にそうなります。透明人間の視覚について論ぜよ、という試験問題をつくったこともあるんですよ。)

0212kumo3
上の写真を撮った後、ぐるっと一回り散歩をして、戻ってきたら、見えなくなっていました。

もうさようならだったかぁ、と思って、よく見たら、私に見つかったのを反省したか、日かげに隠れていました。

これが、2月12日のこと。その後はもう見かけていません。どこかで頑張ってくれていますように。

« クモの子 | トップページ | ガガガンボの仲間 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クモの子 | トップページ | ガガガンボの仲間 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ