« 峠凍てる | トップページ | 亀 »

2009年2月17日 (火)

をみな

2009.2.16付 朝日俳壇より
酒杜氏なべてをみなや寒造:(柏市)牛水里人
 長谷川櫂 評:酒蔵の中の若い女の杜氏たち。香り立つような一句。

なんで、「若い女の杜氏」って分かるのかな?と思ってしまいました。

私の恥をさらします。

おみな【女】ヲミナ:①美女。佳人。古事記下「神のみ手もち弾く琴に舞する―常世トコヨにもかも」②おんな。万葉集一八「老人オイヒトも―童ワラワも」
おみな【嫗】老女。婆。神代紀上「一ヒトリの老翁オキナと老婆オミナとありて」⇔おきな
[広辞苑第五版]

「おみな」と「おきな」は知っていたわけです。「をみな」を知らなかった。

でも、「をみな」に「若い」という意味は入っていないと思うけどなぁ。「杜氏たちはみんな素敵な女性たち」でいいんじゃないでしょうか?

何だか、偏見かな、杜氏というと男性を思い浮かべてしまう、という感覚があって、「なべてをみな」とは?
みんな女性?なの?と、戸惑ってしまったのでした。
今は女性杜氏も多いんですね。

酒の世界を離れて長くなりました。もう忘れた。

◆追記:2/18

おうな【女】ヲウナ:(ヲミナの音便) おんな。古今和歌集序「たとへば絵にかける―を見て」
おうな【老女・嫗・媼】(オミナの音便) 年とった女。ろうじょ。〈霊異記中訓釈〉⇔翁オキナ

「おうな」と「おきな」の方がなじんでいたかもしれません。

« 峠凍てる | トップページ | 亀 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 峠凍てる | トップページ | 亀 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ