« 亀 | トップページ | は行 »

2009年1月22日 (木)

おいどん

2009.1.19付 朝日歌壇より
「おいどんは、くるひかせけんは、みろごじゃなか」冬の上野に厳しきめだま:(東京都)狩集祥子
 高野公彦 選:薩摩弁で「私は苦しむ世の中は見たくない」の意。西郷さんの口調を借りて不況の世を嘆く歌。作者自身も鹿児島出身。

高野氏はやはり、読者が読みづらそうなことについて、「評」の中でコメントをお書きになっています。「評」とは別に「註」という欄があるといいのにね。

この註がなければ、この薩摩弁は読み取れません。ありがたいことです。それだけに、℃の選者に対しても、「註」の欄をきちっと保証してほしいですね、朝日歌壇さん。

« 亀 | トップページ | は行 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 亀 | トップページ | は行 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ