« クロマトグラフィー(?) | トップページ | 白梅 »

2009年1月19日 (月)

氷の中で生きる

0116koori01月16日。午後3時半頃です。
大田区の白山神社。
朝張った氷が、日中も解けなかったのだと思います。
氷が解け残っているのが見えます。

0116koori1 アップにするとこんな感じ。まだ一枚の板として浮いていました。

で、よく見たら、お馴染みの、これ、です。

0116onagauji1
ハナアブの幼虫こと、オナガウジたちです。
集合してました。

氷の浮いた水ですから、温度は0℃です。まちがいなく。

0℃の水の中で、いつものようにゆったりと動きまわっていました。体液は水より濃いので、凝固点降下というやつで、0℃では凍らないでしょう。とはいってもなぁ、「体の芯まで冷えている」はずなのに、よく動けるなぁ。感動しました。

集合していると温かい?おそらくそれはないだろうなぁ。このスローな動きでは大した発熱量はないでしょう。
下北半島の北限のサルが、寒さをしのぐために、子どもを真ん中に入れた「サル団子」をつくって体温で温まるのとはわけが違う。

いや、ホント、生命力というもののすごさに圧倒されます。
0116onagauji2
集団に入っていないのもいます。
左の方はまだ小さいようです。
今の時期に、幼虫で越冬するのですか。まいった。
いつ、どこで、どのような蛹になるのでしょう?多分、見ることはできないと思いますが、ここまでくると、無事を祈るしかないですね。

ちゃんと成虫になれますように。

◆しゃがみこんで写真を撮っていました。3人くらいの女性たちが、ウメの花に来ていたメジロを見つけて、ウグイスではないか、いやメジロだと話していたのですが、うち一人が、私に「何かいるのですか?」と尋ねてこられました。あわてて、いや、ハナアブの幼虫ですが、ご覧にならない方がよろしいですよ、と丁寧にお断り。この幼虫を初めて見て、平静でいられる女性はあまりいないでしょうから。騒ぎになって駆除しようなんてことになったらたまりません。

静かに、放っておきましょう。それが一番。

« クロマトグラフィー(?) | トップページ | 白梅 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クロマトグラフィー(?) | トップページ | 白梅 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ