« つぼみ | トップページ | キンバエ »

2009年1月 3日 (土)

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。

今年は(Mo~)うし(usi)年 ⇒ 虫年です!?

今年も、たくさんの虫さんたちと知り合いになってください。

今朝、我が家へ新年のあいさつにやってきた虫がいます。さっそく、記念写真を撮ってあげました。
0103gokiburi1
ハイ、この虫さんです。

何を隠そう、この虫さんは、クロゴキブリの幼虫です。
かわいいと思いませんか?体長は5~6mmくらい、カマキリやバッタと同じように、不完全変態ですので、生まれた時から「翅」以外は成虫とおんなじかっこうをしています。
立派でしょ。わたしはゴキブリである、と堂々と主張しています。
0103gokiburi2
触角の先端をよく見てください。上の写真の拡大です。
先端の5節くらいが白いんです。こんなことに気付いている方は少ないだろうなぁ。

でも、オシャレでしょ。「粋」というのかな。気づかれないようなところで、ちょこっと凝った趣向を凝らしている、コレって「江戸の粋」に通じると思いませんか?
0103gokiburi3
頭のあたりにピントが合っていますので、触覚はピンぼけですが、代わりに、「小顎肢」という短い触角のようなものがくっきり写りました。これをちゃんと見られるのは珍しい。
また、腹部の先端に、尾翼のようなものが2本立っていますが、これは「尾肢」といいます。これがまたカッコいい、と私は思うんですが。
0103gokiburi4
ちょっと幻想的なショットを一枚。
光源との位置関係で、こんなふうになりました。
プラスチック板の表面と裏面での反射が映り込んで、なかなかにロマンチックな映像になりました。
プラスチックケースの中で撮影して、さあ、じゃあお帰り、と外へ逃がしてやろうとするのですが、なかなか出てきてくれません。しょうがないから
0103gokiburi5
指先につかまらせて、そとの枯れ葉の多いところへ放してやりました。

ここで、汚い!なんて言わないで下さいね。
このゴキちゃんは、別に汚い場所を歩いてきたわけでもなんでもありません。私はこの日の朝、台所の排水口の掃除をしましたが、そこはものすごく汚い、これは事実です。その後、手は洗いましたけれど、おそらく、皮膚表面の細菌類をカウントしたら、ゴキちゃんの体表面よりずっと私の手の方が汚いと思います。
 印象、思いこみだけで、見ないでください。スズムシやコオロギの幼虫がかわいくて、ゴキブリの幼虫は嫌いだなんて、ちょっとひどすぎます。
別に好きになってほしいとは言いません、でも、好きでなくったって、それなりの付き合い方ってあるのではないでしょうか?ひたすらに殺しまくるというのは、エコでもないし、地球にも優しいとは言えないのではないでしょうか。

では、今年も虫で幕を開けた「かかしさんの窓」、これからもお楽しみください。

追記:クロゴキブリの幼虫が孵化したとたんは、体色が白いのです。2~3時間で黒くなってしまいます。もし、白い幼虫の姿を見てみたいと思われる方は私のホームページ「案山子庵雑記」のほうでご覧ください。↓
http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/65th/sci_65.htm

« つぼみ | トップページ | キンバエ »

動物」カテゴリの記事

コメント

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
この虫よく見るのですが、やはりゴキちゃんでしたか。触覚がアヤシイと思っていました(^^;
それから、ゴキの白い幼虫拝見しました。黒いバッグみたいなものに入っているのですね。変わった習性なんですね。
去年の暮れにTV番組で「ギアナ高地」の特集を放送していましたが、その中でたくさんの化石を紹介していて、ゴキブリの化石もありました。何故か薄緑色でつやゝしていてビックリしました。綺麗でしたし本当に大昔から活躍していたのですね。人間はかなわないなぁ、とつくづく思いました。

 ようこそおいでくださいました。娘がまだ幼いころ、ゴキブリの卵鞘を見つけて、「これゴキブリの卵が入っているんだよ」と教えて、ガラス瓶に入れておいたところ、いつの間にか孵化していて、とてもかわいかったので、以来我が家では、ゴキちゃん、と呼ばれるようになりました。
 「コガネムシは金持ちだ~♪」という歌がありますが、ここでのコガネムシはゴキブリのことです。そういう風に呼ぶ地域があるのです。腹の先端に財布のような形をした卵鞘をつけてあるく姿から、財布を持っている虫ということでコガネムシになったようです。
 同僚の生物の先生に、6~7cmはある大ゴキブリを見せてもらったことがあります。触らせてくれました。いやぁ、すごかったですよ。
 準備室にやってきたゴキブリの幼虫や、ヤモリの幼生などを瓶に入れて、「今日のゲスト」といって教室に連れて行って授業の初め10分間くらい、回覧して話をしたりもしました。結構、騒ぎながらも見てくれました。楽しかったなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つぼみ | トップページ | キンバエ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ