« 水仙:2 | トップページ | 梅にアブ »

2009年1月30日 (金)

ツバキ

0121tubakiツバキです。
中のメシベを意識して撮りました。
フラスコのような形です。
この状態では、メシベとオシベと、きっちりくっついていますが、花が落ちるとき、オシベの輪は花弁にくっついてメシベの根本の子房のところから、すぽっと、抜けて落ちます。
不思議なものですね。動物でも植物でも、雄性配偶子を作る側は受精までが仕事、仕事が終われば、用済みです。雌性配偶子をつくる側は、受精後も、受精卵に一定の方向性を与えるまでは面倒を見ます。花の場合は、種をつくり、実をつくり。
鳥なら、卵殻をつくり、哺乳類なら胎児を体内で育て。

生物学的には、雌性配偶子をつくる性を「メス」、雄性配偶子をつくる性を「オス」と呼びます。
ですから、時に、成長段階や栄養状態などで、今まで雄性配偶子を作っていた個体が、今度は雌性配偶子をつくるという変化をすることがあります。いわゆる「性転換」です。ヒトの場合は、どうも社会的なこともあって、面倒くさいことですが、生物界を広く見ると、結構起こりうる事態なのです。

いや、脱線しました。植物も動物も、生き方の基本はおなじなんですね。


« 水仙:2 | トップページ | 梅にアブ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水仙:2 | トップページ | 梅にアブ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ