« 四季成りイチゴ | トップページ | 栗鼠虎 »

2009年1月 7日 (水)

パンのみ

2009.1.5付 朝日歌壇より

パンのみで生きるにあらず配給のパンのみみにて一日生きる
:(ホームレス)公田耕一
{高野公彦選、馬場あき子選}

水葬に物語などあるならばわれの最期は水葬で良し
:(ホームレス)公田耕一
{永田和宏選}永田和宏 評:前衛短歌の幕開けとなった塚本邦雄の記念碑的な歌集『水葬物語』を下敷きにしている。

どんな経歴の方なのか、分かりませんが、文学・詩歌にかなり深く食い入ったことのある方とお見受けします。

昔々、私が大学生のころ、大学闘争というやつがありまして、ノンセクトラジカルズという立場で関わっていた私です。大学構内の落書きにこんなのがあったような・・・
   「最も低く位置する者が、最も遠くを撃つ」

私自身は、この言葉とのかかわりで、自分は「障害者なのに」ではなく「障害者だからこそ」健常者とは異なる視点から社会を見ることができるのだ、などと粋がっていたものでした。

公田さんの今位置する場所(「立ち位置」という言葉は嫌いです)から見ると、明瞭に奥深く、現在のこの日本社会が抱え込んでいる「矛盾・歪・欠陥」が見えるのだと思います。

なんとも言葉のかけようもないのですが、どうか御達者で。

« 四季成りイチゴ | トップページ | 栗鼠虎 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 四季成りイチゴ | トップページ | 栗鼠虎 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ