« 朝日川柳 | トップページ | 渋谷川 »

2009年1月23日 (金)

鉄砲玉

2009.1.19付 朝日俳壇より
投句みな鉄砲玉やこ去年今年:(岩手県)祝田幸治
 長谷川櫂 評:「鉄砲玉のよう」といえば、出て行ったきり、何の音沙汰もないこと。投句、みな落選とは謙遜だろうが、この句は鉄砲玉ではなかった。

鉄砲玉、という表現が楽しいですね。このごろ聞かない言葉になりました。あの子はホントに鉄砲玉なんだから。などと昔の親は嘆きましたが。

◆「去年今年(こぞ ことし)」というと、高浜虚子の「去年今年貫く棒の如きもの」がすぐ頭に浮かびます。

さて、とんでもない解釈を作ったのですが、書かない方がいいのかなぁ、と懐に納めているのですが、書いちゃおか。この解釈で、このブログを炎上させたりしないで下さいね。落語の「ちはやぶる」とおんなじレベルなんですから。

虚子先生、元旦の朝、ご不浄にしゃがんで用を足された。立派な一尺もあろうかという「雲古」が別れを告げていった。ここで先生、はたと思う。去年食ったものが、元旦の今朝、棒のごとくに我が体を貫いて出ていった。

というアホな解釈でした。
スンマセン。先生。

« 朝日川柳 | トップページ | 渋谷川 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝日川柳 | トップページ | 渋谷川 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ