« 竜安寺 | トップページ | 朝日川柳 »

2009年1月22日 (木)

2009.1.19付 朝日俳壇より
さまざまな牛現われて御慶かな:(岩手県)斉藤道廣
 金子兜太 評:民謡「南部牛追い唄」を思い浮かべた。牛たちがじつに生生しい。

作者は岩手県の方ですから、実際に牛と接して、牛たちが寄ってきて、やあやあ、ごあいさつありがとう、といっていらっしゃるのだと思います。

では、牛を飼っていない人の場合は?
年賀状を一枚ずつ見る。差出人を見て、ああ、あの人か、あの人らしい絵を描いたなぁ、と。
一枚ごとに違った牛が現れて、あけましておめでとうを言ってくれる。
そういう楽しみを句にした、と読み込んでもバチは当たりますまい。

« 竜安寺 | トップページ | 朝日川柳 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 竜安寺 | トップページ | 朝日川柳 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ