« 山寺 | トップページ | 賀状 »

2009年1月22日 (木)

余裕だね

2009.1.19付 朝日歌壇より
余裕だねおすわりをして手も振れる一年前はむにゅむにゅしてた:(東大阪市)曽根千恵子
 永田和宏 評:「むにゅむにゅしてた」がまことに巧い。

私の場合、この歌で笑ってしまったのは「余裕だね」というところでした。座ること一つ。おすわりというべきか、えんちゃんというべきか、真剣だったんですよね。首が座っても、背を立てて自分の力で座れるわけじゃないから、何かに「よりかけて」写真なんか撮ったりしてね。写真撮っているうちに、だんだん傾いてきて、あ~っ、と言っている間に、コロンと倒れちゃったりね。

今は「余裕」なんです。その上、手間で振れるようになっちゃった。もう若い夫婦のご主人さまですよね。やあやあ、と手を振ってくれる。すごい。

◆赤ちゃんの生命力というものは、実際に光を発するんですよ。
病院の面会スペースで、親族の長い手術が済むのを一日中待っていた時。
いいかげん生命力レベルの低下した人たちが行き交う中で、若いお母さんが赤ちゃんのおむつを替えていました。赤ちゃんが力一杯泣きました。その瞬間、面会部屋の中がパ~ッと明るくなって、命の力があふれたんですね。どきどきしました。あんなに赤ちゃんの声がすごいパワーを持っているなんて知りませんでした。部屋にいた人たちの顔がみんな一瞬で明るくなりましたっけ。

« 山寺 | トップページ | 賀状 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山寺 | トップページ | 賀状 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ