« 水仙 | トップページ | ツバキ »

2009年1月30日 (金)

水仙:2

0124suisen11月24日。
十分に開き切りました。

ところがです、ここは線路際。南西方向へ開いているのです。ですから、スイセンの花たちはみんな向こうを向いてしまいます。というわけで、後ろ姿ばかりなのです。

0124suisen2やっとのことで身を乗り出して、上から撮ってみました。

これが限界ですね、花の正面には回れません。

0126chakosuisen 庭猫チャコちゃんが、柵の中へはいって、スイセンを見ています。

香りも嗅いでいるのかな。

風流を解する猫だなぁ。

0126suisen 庭にもスイセンの株がありまして、そこに咲いたのを、正面から撮りました。

やっと、このアングルで写真が撮れて、欲求不満解消です。

シンプルで立ち姿の美しい花ですね。

« 水仙 | トップページ | ツバキ »

植物」カテゴリの記事

コメント

いつの間にか梅も水仙も咲いていて、もう春が来たのかも知れませんね。チャコちゃんも可愛いです。水仙との写真もステキですね(^^;

可憐な水仙の花言葉がナルシストだなんて腑に落ちない感じです。

Seven Daffodils

I may not have mansion, I haven't any land
Not even a paper dollar to crinkle in my hands
But I can show you morning on a thousand hills
And kiss you and give you seven daffodils

I do not have a fortune to buy you pretty things
But I can weave you moonbeams for necklaces and rings
And I can show you morning on a thousand hills
And kiss you and give you seven daffodils

Oh seven golden daffodils all shining in the sun
To light our way to evening when our day is done
And I will give music and a crust of bread
And a pillow of piny boughs to rest your head
A pillow of piny boughs to rest your head

ブラザーズ・フォーの歌で一生懸命覚えたものです。他に「花はどこへいった」とかね。あの当時のアメリカのフォークソングの英語はクリアで聞き取りやすかったですね。PPMの歌も覚えました。

今のラップの英語はちんぷんかんぷんで全然聴き取れません。

団塊じいさんとしては、やっぱりクリアな英語がいいなぁ。

ビックリ!「七つの水仙」ですね。あの頃はフォーク全盛時代でした、懐かしいです・・。
私の英語力では「漕げよマイケル」や「500マイル」あたりならどうにか歌えそうです(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水仙 | トップページ | ツバキ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ