« リストラ | トップページ | 亀 »

2009年1月22日 (木)

紙のにほひ

2009.1.19付 朝日歌壇より
刷られたる言語違へど図書館の紙のにほひに故郷を思ふ:(シンガポール)関澤元史

自身があったら、私は本の雪崩に埋もれて最期を迎えるんだろうな、と思っています。

人間の社会から「裏」というものが消え去ることはないのかも知れません。でも、裏は自らを裏と自覚して、今のように表の社会に公然と顔を出すべきではないのです。

本にも、「裏」というものがあります。近頃の本屋さんは、あくまでも明るくて清潔で、「表」しかない店が多くなってきて、つまりません。なんだか居心地が悪い。隅っこ、陰影、不健康、不道徳・・・どこかに「裏」のある書店の方が健康だと思っています。
その意味で、古本屋は大好き。裏の匂いが立ち込める。日焼けした本。書き込みのある本。書き込みをした最初の読者がどういう気持ちで読んだのか。

図書館では、書き込みは許されない行為ですが、それでもやはり、明るく健康な書店にはない「不健康さ」がありますね。古びた紙の匂いであり、汚れた表紙のほつれであり。

不思議なところで故郷を思い出されました。深い想いだと伺われます。

« リストラ | トップページ | 亀 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リストラ | トップページ | 亀 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ