« オニノゲシ | トップページ | ハエ »

2009年1月 7日 (水)

ツマグロキンバエとヤツデの花

1229tumagurokinbae1ヤツデの花は終わったように見えます。
あとはこの部分が熟して実になるだけではないでしょうか。
でも、まだ甘みがあるのかな?
ツマグロキンバエが口を伸ばして舐めています。
ツマグロキンバエは成虫で越冬とみえて、暖かい日差しの中で時々見かけます。
ヤツデの花もこれでもうおしまいなんだろうと思っていたら・・・
1230yatude1
なんと、また新たに花を咲かせ始めました。
すごいなぁ。この冬のさなかに、新しい花を咲かせています。
1230yatude2
準備中、のつぼみもあります。

温度が低いから、代謝速度も遅くて、出来事がゆっくりと進むのでしょうが、でも、ゆっくりではあっても着実に進んでいくというのが植物のすごさですね。目が離せません。

« オニノゲシ | トップページ | ハエ »

植物」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オニノゲシ | トップページ | ハエ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ