« 鳥総松 | トップページ | 我が家の霜柱 »

2009年1月19日 (月)

霜柱

0116simobasira2これは何でしょう?

ひとしきり撮りたいと思った写真を撮り終えて、白山神社の中を歩いていたら、足元が変!?

あれ、めりこむ!なんだぁ?

辺り一帯、霜柱で地面の表層が持ち上げられて浮いていたのです。

霜柱自体は解けてしまっていましたので、べとべと濡れてはいません。
上の写真、地面が浮いたのに、石はそのままで、石が埋もれてしまった、という状態です。
0116simobasira1_2
私が踏んづけてへこませた跡です。
私などはこういう状況に出会うと、無性に、こっち踏んづけてへこませて、またあっちをへこませて、と踏みまわりたくなるのですが、このあたり、全然踏み跡がない!
子どもたちはどうしたのだ!うちの子らは、小学生のころ、冬の朝は霜柱踏みに飛び出していったものですが・・・。

学校帰りに神社によって、遊んで帰る余裕もないのでしょうか?

つまらないことですねぇ。霜柱を踏み、氷を割り。楽しいのになぁ。

50年前の小学生である、私と妻で、たくさん踏んづけてきました。

« 鳥総松 | トップページ | 我が家の霜柱 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳥総松 | トップページ | 我が家の霜柱 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ