« ヒメジャノメ | トップページ | 親不孝 »

2009年1月27日 (火)

2009.1.26付 朝日歌壇より
鍋だけは一人でするもんじゃないなと父が小さく笑う寒い日:(和泉市)星田美紀
 永田和宏 評:一人暮らしの父の侘しさを敏感にキャッチ。「小さく笑う」がいかにも巧い。

家族がわいわい言いながらつつく鍋は一家団欒の象徴。楽しいものだったでしょう。
父としては子の世話を焼いたりできますし。それが一人暮らしになって、ふっと洩らすため息と苦い思いの微笑。

◆さて、家族ならいいとして、職場集団などでの「鍋」が楽しいかどうかは知りません。
 病院などに行くと、女性たちはおしゃべりを「互いに楽しむ」というすべを知っておられますが、男性を観察していると、一人でエラそうに喋りまくって、相槌を打ってもらうだけの人、めんどくさいから相槌を打つだけにして取り合っていない人、など見かけ、会話の貧しさに悲しくなります。祭り上げてもらわないと気が済まない人っています。
 忘年会などでの鍋は、下手すると鍋奉行に取り仕切られるだけで、面白くもない、うまくもないということがあるものです。

 鍋は一人に限るよナ、という方も当然いらっしゃるはずです。鍋奉行さんは一人でいい気分になっていますから、今日は盛り上がった、などとご機嫌ですが、その陰にはずいぶん不快な思いをする方も多い筈。

 一人、マイペースで、肉や野菜の煮え具合を自分好みにして、一口ずつゆっくり食べる楽しみ、というのもあるでしょう。

◆秋田の食生活なのでしょうか。「かやき」というものがあります。「貝焼き」です。
 七輪に火を入れて、ホタテガイの貝殻を載せます。ハタハタ鍋なら、しょっつるを入れて、他の鍋なら、それなりにしょうゆ味でもなんでもいいです。
 ホタテガイの貝殻ですから、鍋としては小さくて浅いのです。そこへ、魚や肉、野菜などを少しずつ入れて、自分のペースでのんびり食べるんですね。子どもには許されない大人の楽しみというわけです。ゆっくりペースでお酒を含みながら鍋の煮立つのをコントロールしてゆっくり食べる。
 これも、いい鍋です。
私自身はこのかやきをしたことはありませんが、子どものころ、父はいつもかやきでした。
自分のペースで呑み、食べるのが好きで、人にそのペースを邪魔されるのが大嫌いな人でしたので、子のペースで鍋をつつくということはしませんでした。明治の古い人ですので、当たり前だったのでしょう。

◆家族での鍋もよし。一人の鍋もよし。
 今の私は、煮ながら食べるというのが、もう面倒くさくなってしまいました。小さめの鍋に魚のアラ、野菜など煮て、鍋は火からおろして、のんびりとアラの解体を楽しむのが好きです。

« ヒメジャノメ | トップページ | 親不孝 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒメジャノメ | トップページ | 親不孝 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ