« 月齢18日の月 | トップページ | 枯れ葉 »

2008年12月16日 (火)

桐一葉

2008.12.14付 朝日俳壇より

桐一葉滑空の後池に在り:(多摩市)宮崎冝和
 長谷川櫂 評:すうっと舞い降りて、軽く水面に乗っている桐の落葉。

どうも選者の評に楯突くのが悪い癖で・・・。

当然「桐一葉落天下知秋」を踏んでいるわけですよね。
(この桐は梧桐であって、桐ではないそうですが。)

天下の秋を知らしめたのは「音」ですね。宮崎さんの句では、一葉は滑らかに滑空してきて、水面に乗った、当然音はない。でも、おそらく水面には波が立ち、音もなく静かに池の水面を広がっていった。水の粘性もイメージしてください。なめらかな波です。
その波は、深まる秋を池の中へ、また池の表面から世界へ、伝えているのではありませんか?

(天下の秋かどうかは知りませんが)
静かな無音の世界に桐一葉が告げる晩秋です。

« 月齢18日の月 | トップページ | 枯れ葉 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月齢18日の月 | トップページ | 枯れ葉 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ