« 運動会 | トップページ | ハキダメギク »

2008年11月19日 (水)

元祖・本家

2008.11.17付 朝日歌壇より
佃煮の元祖と本家隣り合う醤油の匂いに江戸の香を嗅ぐ:(京都市)松本明

歌の感想というのではなくって・・・。

元祖と本家の張り合い、というのは有名ですが、佃煮もそうだったんですかぁ、初めて知りました。

がん‐そ【元祖】①一家系の最初の人。②ある物事を初めてしだした人。創始者。
ほん‐け【本家】①おおもとになる家筋。いえもと。宗家。②分家から見てその分れ出たもとの家。③荘園の名義上の支配者の称。領家の上位にある最高の領主であるが、荘園にはかならず本家があるとも限らない。本所(ホンジヨ)ともいう。
[広辞苑第五版]

赤福の元祖と本家、というのは有名で知っていました。
八つ橋とか湯豆腐とかでも、そういうのがあるそうですね。

私の曽祖父は「本家の庄右衛門」さんだったそうで、私はその人の、次男の次男の次男ですからして、ブンケブンケどんどん、ブンケどんどん、というわけです。
元祖も本家も関係ないなぁ。

« 運動会 | トップページ | ハキダメギク »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 運動会 | トップページ | ハキダメギク »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ