« てふてふ | トップページ | コバノセンダングサ(Part1) »

2008年11月13日 (木)

セスジユスリカ

1103sesujiyusurika1壁にとまっていました。

セスジユスリカです。

脚の長さがすごいですね。

これをフルに入れるために、体の模様が少し小さくなりました。
足の部分をカットするトリミングをするとこうなります。
1103sesujiyusurika3
「セスジ」の由来、腹部の縞模様、複眼の形など、くっきり見えると思います。

少し斜めのアングルからのショットもありまして、

1103sesujiyusurika2
触覚がすごいでしょ。

これ「耳」です。

というか、触覚の付け根にジョンストン器官という聴覚器があるのです。

ところで、ユスリカ類の幼虫はアカムシといって、ヘモグロビンをもつ赤い幼虫で、金魚など飼う方はご存じでしょう。
私も金魚など飼う時に、ミジンコ、アカムシ、イトミミズなど与えましたので、知っているつもりだったのですが・・・
1107akamusi
これ、用水桶の水面にいたのですが・・・

アカムシが蛹になったのですよねぇ。

自信がない。

改めて考えてみると、ちゃんと蛹を見たことがない。普通の蚊の蛹は「オニボウフラ」といって、よく知っているのですが。

間違ってたらごめんなさい。多分大丈夫でしょう。

« てふてふ | トップページ | コバノセンダングサ(Part1) »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« てふてふ | トップページ | コバノセンダングサ(Part1) »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ