« 自由な時間 | トップページ | どんぐりの目利き »

2008年11月27日 (木)

紅葉

2008.11.24付 朝日俳壇より
紅葉に不満発する突如なり:(熊谷市)内野修
 金子兜太 評:突如不満激発。紅葉に触発されたか。

 まことに怖れ多いことですが。金子先生の「評」、これ「評」っていうのかなぁ?トートロジーじゃないのかなぁ?大家が一言発するということは、きっと「おおごと」なんだ、と思いますが・・・。

 その激情はなんだったのか?その中身までは窺い知れません。美しい紅葉、静かに浸っていたい美、にもかかわらず騒々しい紅葉狩りの人だかり・・・そのあたりの齟齬感が「不満」を発させる引き金だったでしょうか?
 それとも、もっと詩的に、視野を覆う紅葉の激しい赤が、そのまま心の激情となって燃え上がりはじめた。
 そのあたりの機微が気になるところです。

« 自由な時間 | トップページ | どんぐりの目利き »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自由な時間 | トップページ | どんぐりの目利き »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ