« かけっこ | トップページ | 解剖実習 »

2008年11月11日 (火)

ゆきむし

2008.11.9 付 朝日歌壇より
あなたには飛ぶべき時がわかるのかゆきむしゆきむし札幌の街:(札幌市)鈴木さよこ
 永田和宏 評:雪虫が飛ぶようになると冬の訪れを実感する。雪虫はまた綿虫とも呼ぶ。第四句のリフレインが結句へつながる呼吸がいい。

ゆきむしというのはアブラムシの仲間の俗称です。虫の(植物も)季節把握は正確です。ヒトは鈍感な方です。冷暖房、衣服などを手に入れましたから。

他の動植物たちは、季節の変化を正確にとらえていなければ、子孫を残していくことができません。

今のこの季節、産卵して死ぬも、自分自身が越冬するにも、「急かれる」季節です。
もう、雪が迫ってきています。

« かけっこ | トップページ | 解剖実習 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« かけっこ | トップページ | 解剖実習 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ