« ミツバチ | トップページ | ツマグロキンバエのオス »

2008年11月 6日 (木)

ツマグロキンバエのメス

1029tumagurokinbae1初めて見たハエです。

セイタカアワダチソウを見ていたら、見慣れないはえ?アブ?がいたので、何枚か撮影しました。アブのような気もしたのですが、折りたたみ式の口の様子はどうもハエ。でも、背中に毛が見えなくて、プチプチ模様があって、なんだかハエとしても妙だなぁ、と思いました。
1029tumagurokinbae2
複眼が離れていて、その間にプチプチ模様の帯状の部分が入り込んでいたりして、不思議な眼です。独特の虹色のついた縞模様もあります。

ああでもないこうでもない、と調べているうちに、ツマグロキンバエがヒットしました。

ツマグロという名でやっと気づいたのですが、最初の写真も2枚目も、翅の先端部分に黒い模様があることがちゃんと写っていました。後から気づいたことです。

1029tumagurokinbae3
顔の部分のアップです。
縞模様が独特な雰囲気をかもし出していますね。

胸部が「金色」に輝いています。キンバエなんですねぇ。

口を伸ばして蜜を吸っているのが分かると思います。

このように、複眼の間が離れているのはメスだ、という記載がありました。

ということで、これはツマグロキンバエのメス、です。

気づいてみれば結構あちこちで見かけます。花を凝視してみてください。

« ミツバチ | トップページ | ツマグロキンバエのオス »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミツバチ | トップページ | ツマグロキンバエのオス »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ