« オバマ氏 | トップページ | 菊の咲く午(ひる) »

2008年11月25日 (火)

どんぐりみっつ

2008.11.24付 朝日歌壇より
舞茸のひとひらほどの左手にどんぐりみっつ握られており:(高槻市)有田里絵
 高野公彦 評:幼子の手のひらは、なるほど舞茸のよう。

 よく「もみじのような」という形容はあるわけですが、「舞茸」というのは新発見ですね。気づいた時には、きっとにこっとしてしまったでしょう。

 で、その、ぎゅっと握った手のひらを、そっと指を開いていったら、どんぐりみっつ。
あの湿った熱いてのひらの中で、ひょっとしたら、まるでゆでられたみたいに、湿って温かいドングリが出てきたのではないでしょうか?
 想像していると、顔がほころんでしまいます。私の乾いて手じゃあ、そうはならないものなぁ。

 赤ちゃんの手の中には、いつも幸せが握られているんですよ。お母さんにあげるための。

« オバマ氏 | トップページ | 菊の咲く午(ひる) »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オバマ氏 | トップページ | 菊の咲く午(ひる) »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ